The耐震工事

耐震工事をリノベーションやリフォームの際行い、快適な家にする

オススメリンク

カテゴリー

リフォームやリノベーションは家の価値を高める工事である。
これは収益物件を運用している人には良い方法であり、近年リサイクルの観点が見直されている現代において、注目されている住宅のあり方でもある。
それと同時に、住宅には安全性を求め、中に住む人と近隣住民の安全を守る視点も大事である。

耐震工事は、住民のためだけにあるのではない。 続きを読む

被災地の模様

こうした耐震工事をリフォームやリノベーションの際に行うことは、期間や金額のメリットがある。

リフォームやリノベーションをする際、その間人が中に住むことが出来ない。
このため、別の場所を借り、住民は住むことになる。
別の機会に耐震工事を行うのであれば、その分分断されて引越を行わなければならない。 続きを読む

魚の池のリフォーム

耐震工事ではどのような種類があるのか見ていく。
リフォームやリノベーションを考えるなら、この工事と一緒に耐震の補強を行うことができるので、一石二鳥となる。

基礎が弱い場合は新しい木材を入れることがある。
また、壁の配置が悪く、建物全体の耐震性が低い場合は、壁に筋交いを入れ補強をすることになる。
壁が弱い素材で建てられていればその分耐震性が弱まるので、ボードを貼ることで耐震性を保持できる。 続きを読む

耐震審査を受けるときには、図面を用意しておくのも良い準備である。
一戸建ての建設時には特に、設計業者と図面のやり取りをすることがある。
施工業者が建設するときには微妙に実際の建設の状態と違う場合もある。
この違いを見ることも、耐震審査には良い判断材料ともなる。 続きを読む

個人宅の池のリフォーム

また、シロアリの侵食の状態を調べるのも耐震工事の一つである。
シロアリの被害が深刻であれば、耐震性はそれだけ弱くなる。
基礎である木やコンクリートが、シロアリの侵食によって穴だらけになるのは、古い住宅ほど可能性が高い。

リフォームやリノベーションのときには装飾をすべて取り外し、骨組みを明らかにすることができる。 続きを読む